TOP 2006年試合詳細(前) 05年試合日程 2005年試合詳細() 6/1〜7/31 05年試合詳細(前) 2/27〜5/31 05年写真
2005年試合詳細 (後)
(8月1日〜シーズン終了まで)
05スコアー表(前) 05スコアー表(前) 05スコアー表(前)
帯広・釧路観戦ツアー(写) 秋季鴨川キャンプ(写) 


9/28 千葉ロッテ20回戦8勝11敗1分(札幌ドーム18:00)  【通算成績】136試合62勝71敗3分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 - R H E
0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 = 1 8 0
1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2x = 3 8 0
先発 打数 打点
新庄
奈良原
小笠原
DH 幸雄
稲葉
木元
森本
金子
中嶋
投手/日:入来-建山-トーマス-武田          ロッテ 最終戦  レギュラー戦最終日
       
/日:武田2勝0敗2S    
   
/ロ:渡辺俊-セラフィニ-藤田-藪田             
       
/ロ:藤田1勝4敗          
本塁打/:小笠原37号ソロ(1回渡辺俊)-賢介1号2ラン(11回藪田)
                                /ロ:フランコ21号ソロ(2回入来)

寸評
 緊迫した目が離なせない好ゲーム、そして1回のGuts打ってそれと解る一発で好調な滑り出しと
思わせたが2回祐作、相手に1失点与え振り出しに戻った。
 
 祐作は7回までと俊介6回までの投げ合い、1対1のまま投手交代等もあり昨日に続いて延長戦
 
 そして、両者譲らず11回も二死で又引き分けなどと思い始めた矢先、代打小谷野の代打で賢介が
2球目をフルスイング打った瞬間、確信に満ちたアーチとなり、サヨナラで最終戦を飾り島田一輝選手の
花道を作った。

 まるで筋書きのある舞台の幕切れのようなフイナレーで今季の最後を飾った。

 以上、♪マル♪携帯メール転載   他頁の更新4,5日後の帰京後 
パ・リーグ ソフトバンク ロッテ 西 武 オリックス 日ハム 楽 天 交流戦
1 ソフトバンク × 10-10 11-9 13 (1) 6 15 − 5 17 − 3 23 (1) 12
2 ロッテ 10 − 10 × 12 − 8 13 − 7 11 (1) 8 14 (1) 5 24 (1) 11
3 西 武 9 − 11 8 − 12 × 9 − 11 10 − 10 13 − 7 18 − 18
4 オリックス 6 (1) 13 7 − 13 11 − 9 × 7 − 13 14 − 6 17 (3) 16
5 日本ハム 5 − 15 8 (1) 11 10 − 10 13 − 7 × 14 − 6 12 (2) 22
6 楽 天 3 − 17 5 (1) 14 7 − 13 6 − 14 6 − 14 × 11 − 25
パ・リーグ 試合 勝数 敗数 引分 勝率 勝差
1ソフトバンク 136 89 45 ,664 -
2ロッテ 136 84 49 ,632 4.5
3西武 136 67 69 ,493 18.5
4オリックス 136 62 70 ,470 3.0
5日本ハム 136 62 71 ,466 0.5
6楽天 136 38 97 ,281 25.0.
-----------------------------------------------------------------------------------------
9/27 千葉ロッテ19回戦7勝11敗1分(札幌ドーム18:00)  【通算成績】135試合61勝71敗3分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 - R H E
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 = 0 6 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 = 0 5 0
先発 打点
賢介
森本
小笠原
DH セギノール
稲葉
木元
小田
鶴岡
工藤
投手/日:須永-武田-トーマス             
           
   
/ロ:小林宏-藪田-小林雅             
須永9回、30人、100球、被安打4,奪三振6、四球2の好投した。               

後を継いだ武田、トーマスも被安打2、奪三振3の0封で凌いだ。

寸評
 絶好調の須永プロ初勝利成らなかったが100球で10回後続に託した。
武田、トーマスもこれに良く応え0封に抑え12回の反撃を待った。
しかし、押せ押せムードも再三のチャンスにGuts、セギちゃん、幸雄が倒れ
今一歩及ばず引き分けに終わった。

 折角の好投した須永に勝ち星与えられず観ていた観客から大きなため息…

 この引き分けにより、今日オリックスが勝ったので日ハムの5位が決定した。



 
---------------------------------------------------------------------------------
9/25 対オリックス20回戦13勝7敗0分(大阪ドーム13:00)  【通算成績】134試合61勝71敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
1 0 0 5 0 0 0 0 0 = 6 8 0
0 0 0 1 0 1 0 0 0 = 2 4 0
先発 打点
森本
奈良原 -
小笠原 - -
DH 幸雄
稲葉 -
木元 -
小谷野
金子
鶴岡
投手/日:立石-菊池-マイケル-岩本         オリックス 最終戦 4連勝
       
/日:立石5勝1敗0S    
   
/オ:スチュワート-歌藤-ユウキ-山本省             
       
/オ:スチュワート0勝4敗          
本塁打/:森本7号3ラン(4回スチュワート)-/オ:ブランボー19号ソロ(6回立石)

寸評
 今日はさい先良く、おゆきのタイムリーで1得点を挙げれば、4回には一死後稲葉から
連打で1得点、そしてスタメンに初登場の
つるしんが2球目をライト前に運び1打点で
尚も3塁、1塁の場面でヒチョリが2球目を強振バックスクーリンにはいる3ランとなった
 
つるしん結果的にプロ、初スタメンで4打数、1安打、1打点、1得点の大活躍。

 菊池もプロ初デビューで、立石の後を継いで7回1イニングを打者3人に対し球数10,
奪三振1の三者凡退に討ち取った。

 新人では工藤が小谷野の代打で6回、9回打席に立ったが三振と内ゴロに終わった。

 
おゆきは1回左中間2塁打で1打点、8回にもレフト2塁打を放ち記録に33本となった。
 マイケル打者4人、球数17、四球1。岩ちゃん打者3人、球数10,奪三振2、の好投で
ビジター最終戦を4連勝で飾った。
---------------------------------------------------------------------------------
9/24 対オリックス19回戦12勝7敗0分(大阪ドーム13:00)  【通算成績】133試合60勝71敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
1 0 0 0 2 0 0 0 0 = 3 3 0
0 1 0 0 0 0 0 0 0 = 1 9 0
先発 打点
賢介 - -
森本 - -
幸雄 - -
DH セギノール
稲葉 - -
木元
小田 - -
飯山 - -
實松 - -
投手/日:YU-建山-武田             3連勝
       
/日:YU5勝5敗0S    S/日:武田1勝0敗2S
   
/オ:ケビン-香月-菊地原-加藤-大久保             
       
/オ:ケビン4勝13敗          
本塁打/:木元号2ラン(4回ケビン)                   

寸評
 ダル、立ち上がり先頭バッターに初球を中安にされたが、1回は無失点に抑えた。
2回に入り先頭に四球を出すと、ラッキーなバンド失敗などあったが、センター森本
ゴロの処理に手間取りランナー生還され、1塁ランナーが3塁を狙い、これは森本が
3塁手小田にストライク返球で1失点止まりのピンチを凌いだ。
 YUはどちらかと言えば調子がイマイチだつたが7回投げて、打者30人、被安打8,
奪三振3、四球3、自責点1の粘投で5勝目を飾った。

 YU5勝の記録は、ファイターズでは東映時代の森安投手以来、39年ぶり
「球団高校卒ルーキー5勝」になる快挙。 
(関連トピックスページ)

 打撃陣は、3夜連続得点打を放ったセギちゃんや、木元のツーランで
オリックスの息の根を止めた。 
---------------------------------------------------------------------------------
9/23 対オリックス18回戦11勝7敗0分(スカイマーク18:00)  【通算成績】132試合59勝71敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
2 0 0 0 3 0 0 0 0 = 5 10 1
0 0 0 0 1 0 0 0 0 = 1 4 1
先発 打点
工藤 - -
森本 -
小笠原
DH セギノール
稲葉 -
木元 -
幸雄 -
飯山 -
中嶋 - -
投手/日:鎌倉-岩本-マイケル-トーマス-建山             
       
/日:岩本2勝2敗0S    
   
/オ:吉井-山本省-萩原-香月-歌藤-ユウキ            
       
/オ:吉井6勝5敗          
本塁打/:小笠原36号2ラン(1回吉井)-セギノール31号2ラン(5回萩原)

寸評
 幕開け早々 小笠原が先制2ラン、五回にはセギノールの2ランと相手守備の乱れで
計3点を追加した。

 鎌倉は、3回まで打者13人に被安打1,奪三振2、四球1、無失点の好投だったが
4回に入り急遽2番手の岩ちゃんが登板でビックリ… 結果は4回、5回投げて1失点は
あったが5月25日以来となる2勝目を挙げた。
 報道などによると、健ちゃんは右ひじの張りを訴え、3回で降板。こまめな継投策で
危なげなく神戸最終戦を飾った。

 
おゆきは、木元1塁においてライトにヒット、木元3塁まで行くと返球が悪送球となり
木元本塁突入ボールはこぼれて、おゆきに打点は付かなかったが貴重な得点となった。
 
これで記録に35本となった。 
---------------------------------------------------------------------------------
9/22 対オリックス17回戦10勝7敗0分(スカイマーク18:00)  【通算成績】131試合58勝71敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 0 0 0 0 1 0 0 = 1 3 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 = 0 4 0
先発 打点
森本 - -
木元 -
小笠原 - -
DH セギノール
稲葉 - -
新庄 - -
小田 - -
金子 -
中嶋 - -
投手/日:金村-武田             
       
/日:金村13勝10敗0S    S/日:武田1勝0敗1S
   
/オ:JP-菊地原             
       
/オ:JP14勝11敗          
本塁打/日:セギノール30号ソロ(7回JP)

寸評
 文字通りの息詰まる手に汗握る投手戦で推移したゲーム。 均衡破ったのは7回
一死後の打席に入り、ツーストライクワンボールの低めの球をセンターバックスクーリン
左脇に飛び込む大ホーマーを放ったセギちゃん。

 金村は、8回まで投げて打者30人許したヒットは僅か4で、完封かと思わせたが9回は
武田に繋ぎ、最後のバッターを游ゴロに打ち取った瞬間、対オリックス12連勝の暁君は
ベンチの中で小躍りして喜んだ。

 
お立ち台は両チーム唯一の打点を挙げた、セギノール


 
----------------------------------------------------------------------------------
9/20 対西武第20回戦10勝10敗0分(札幌ドーム18:00)  【通算成績】130試合57勝71敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
西 1 0 0 0 1 2 0 0 1 = 5 8 1
0 0 0 0 0 0 2 0 1 = 3 8 0
先発 打点
森本 ^-
奈良原 - -
小笠原 - -
DH セギノール - -
新庄 - -
稲葉 -
幸雄
金子 - -
中嶋 - -
投手/日:入来-武田-建山             西武 最終戦
       
/日:入来6勝7敗0S    
   
/西:帆足-小野寺-星野--豊田             
       
/西:帆足13勝7敗     S/西:豊田3勝1敗19S     
本塁打/西:野田1号ソロ(5回入来)

寸評
 入来、トップバッターにレフト安、バンドで2塁、3番バッター平凡なレフトフライ、これを森本
目測誤ってバンザイ2塁打にしてしまった。これで入来リズムを失い四球連発で1失点。
 5回のホームランは入来の失投かもしれないが、7回のレフトファールフライなど
捕らなければ犠打に成らなかったかもしれず、森本の度重なるボンヘッドで
連敗に誘導してるごときプレーは頂けません。

 攻撃陣の7回の反撃で稲葉センター越え2塁打、続く幸雄すかさずレフト前に運び1得点
相手エラーなど織り交ぜて押し出しで1得点。尚も満塁のチャンス小笠原ライトフライで
万事休す。9回にも小田、賢介の代打がライトに連打などで1得点。またもやGutsの場面で
レフトフライ等の5打数0安打。しかも全打席ランナーおいての5タコで大ブレーキ。

 
おゆきは4打数2安打1打点と貢献した。記録に後36本となった。 
----------------------------------------------------------------------------------
9/19 対西武第19回戦10勝9敗0分(札幌ドーム13:00)  【通算成績】129試合57勝70敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
西 0 1 1 0 0 1 0 0 0 = 3 6 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 = 0 3 0
先発 打点
坪井 - -
木元 - -
小笠原 - -
DH セギノール -
稲葉 - -
新庄 - -
小田 -
金子 - -
實松 - -
投手/日:リー武田-建山-トーマス             
       
/日:リー3勝4敗0S    
   
/西:松坂             
       
/西:松坂14勝12敗          
本塁打/西:フエルナンデス25号ソロ(3回リー)-和田27号ソロ(6回リー) 

寸評
 小田、一人気を吐き5回一死3塁まで攻めたが、後続空振り三振に倒れ絶好のチャンスを
つぶし、松坂に手も足も出せない拙攻で完封負け。

 リーは、3失点あったが打者26人、被安打6、奪三振4,四球2で、まずまずだが
實松のサインに首を振り、結果打たれているので「来日間が無い」のだから捕手の
配球指示通り投げれば流れが変わったかも

 これで自力プレーオフ進出の望みはほとんど無くなった。
 明日、●か△なら4位以下決定。


 
----------------------------------------------------------------------------------
9/18 対東北楽天第20回戦14勝6敗0分(札幌ドーム13:00)  【通算成績】128試合57勝69敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 0 0 0 0 0 0 0 = 0 2 0
2 4 6 0 0 0 0 0 X = 12 15 0
先発 打点
坪井
木元
小笠原 -
DH セギノール
稲葉 -
新庄 - -
小田 -
金子
實松 - -
投手/日:YU             楽天 最終戦
       
/日:YU4勝5敗    
   
/楽:一場-ラス-小山-渡辺-谷中             
       
/楽:一場1勝9敗1S          
本塁打/:金子4号2ラン(3回ラス)-セギノール29号3ラン(3回小山)

寸評
 今日の、ダル絶好調。硬軟織り交ぜ乍らの絶妙な配球で、あわやノーヒットノーランかと
思わせる僅か2安打の好投で完投し
、ルーキー対決は2回途中でKOされた一場とは対照的
な場面でダルに軍配が上がった。

 攻撃陣スタメン9人の中で新庄が4タコだったが残りは全員安打で、中でも木元、セギちゃん
は猛打賞、3回、4回だけで1時間以上の猛攻につぐ猛攻。早くも12得点で体勢は決まった。


                        お立ち台 ダルビッシュ


 
----------------------------------------------------------------------------------
9/17 対東北楽天第19回戦13勝6敗0分(札幌ドーム13:00)  【通算成績】127試合56勝69敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 1 0 1 0 0 0 0 = 2 12 0
0 0 3 1 0 0 0 2 x = 6 8 0
先発 打点
坪井 -
木元 -
小笠原
DH セギノール - -
新庄
稲葉 - -
幸雄 -
金子
實松 - -
投手/日:鎌倉-武田-立石             
       
/日:鎌倉7勝5敗0S    
   
/楽:有銘             
       
/楽:有銘3勝8敗          
本塁打/:小笠原35号3ラン(3回有銘)-/楽:吉岡10号ソロ(5回鎌倉)

                          
      
寸評
 鎌倉2回を除いて毎回ランナー背負い苦しいマウンド、3回センター前2本と内安で満塁
そしてセカンドゴロで1失点。5回にはセンター越えの一発を喰らい計2失点
 6回代打にレフト前に運ばれヒルマンたまらず武田に繋いだ。武田も8回満塁のピンチを
招いたが内野ゴロで事なきを得た。最後は立石が三者凡退に討ち取りゲームセット

 攻撃陣は、Gutsが粘った7球目をすくい上げるようなスイングで左中間越えの3ラン
4回には
、おゆきが久しぶりにセンターオーバーの2塁打を放ち続く、金子がレフト前に
タイムリーで1得点。 とどめの一発はランナー3塁、1塁の場面で新庄登場。これも粘って
7球目をレフト線一杯に入る2塁打を喰らわし勝負を決めた。

おゆきは記録に後38本となった。  お立ち台はGuts
 
----------------------------------------------------------------------------------
9/14 対ソフトバンク第20回戦5勝15敗0分(ヤフードーム18:00)  【通算成績】126試合55勝69敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 0 0 0 0 0 0 0 = 0 3 0
0 1 0 0 0 0 0 0 x = 1 7 0
先発 打点
坪井 -
木元 - -
小笠原 -
DH セギノール - -
新庄 - -
稲葉 -
幸雄 - -
飯山 - -
中嶋 - -
投手/日:入来             ソフトバンク最終戦
       
/日:入来6勝6敗0S    
   
/ソ:和田-吉武-三瀬-馬原             
       
/ソ:和田11勝7敗   S/:馬原6勝6敗19S       
本塁打/:ズレータ38号ソロ(2回入来)

寸評
 祐作一発喰い失点あったが尻上がりに好投し、味方打線の援護を待ったが
攻撃陣は7回、8回満塁のチャンスを作るが後続絶たれ、今季9度目の完封負けを喫した。

 これで三試合とも好機に拙攻を重ね3連敗で、PO戦も奇跡を待つばかり






 
----------------------------------------------------------------------------------
9/13 対ソフトバンク第19回戦5勝14敗0分(ヤフードーム18:00)  【通算成績】125試合55勝68敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 - R H E
0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 = 2 8 0
0 0 0 2 0 0 0 0 0 1x = 3 9 0
先発 打点
坪井
木元
小笠原
DH セギノール
稲葉
新庄
賢介
金子
中嶋
投手/日:リー-武田-トーマス-建山             
       
/日:建山4勝6敗2S    S/:勝敗 S
   
/ソ:斎藤-三瀬-吉武             
       
/ソ:吉武2勝3敗1S          
本塁打/:稲葉15号ソロ(2回斎藤)-中嶋1号ソロ(5回斎藤)-/ソ:バディスタ26号ソロ(10回建山)

寸評
 
 
 逆転され次の回 中嶋が同点ソロを放ち、もしかしたら今日はいけるかと、それこそ
手に汗握る攻防戦 そして迎えた延長10回裏…

 毎試合繰り返される、チャンスに凡打で勝てない苛立たしさ  





----------------------------------------------------------------------------------
9/11 対オリックス16回戦9勝7敗0分(札幌ドーム13:00)  【通算成績】124試合55勝67敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 3 0 0 2 0 0 0 = 5 8 0
2 0 0 0 0 0 0 0 0 = 2 11 0


投手/日:YU-武田-トーマス-建山             
       
/日:YU3勝5敗   
   
/オ:本柳-山本省-菊地原-香月-歌藤-加藤             
       
/オ:山本省2勝0敗    

           S/オ:大久保1勝1敗21S 
打順 守備 先発
坪井
木元
小笠原
DH セギノール
稲葉
新庄
小田
金子
中嶋
本塁打/:木元17号ソロ(1回本柳)
     -小笠原34号ソロ(1回本柳)


残り12試合全勝しても借金0には
成らなくなった。(負け越し決定)

----------------------------------------------------------------------------------
9/10 対オリックス15回戦9勝6敗0分(札幌ドーム13:00)  【通算成績】123試合55勝66敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 1 0 0 0 0 0 0 = 1 5 0
0 2 0 0 0 0 0 0 x = 2 7 0
先発 打点
坪井 - -
木元 - -
小笠原 - -
DH セギノール
新庄
稲葉 - -
幸雄 - -
金子 - -
中嶋 - -
投手/日:金村             
       
/日:金村12勝10敗    
   
/オ:高木-萩原-菊地原-加藤-山本省-大久保             
       
/オ:高木1勝3敗          
本塁打/:セギノール28号ソロ(2回高木)-新庄20号ソロ(2回高木)
                          
      
寸評
 金村、1回2回は三者凡退にオリ打線を討ち取ったが3回不運な内野ゴロから連打を浴び
1失点。7回は四球の連発で一死満塁のピンチ、代打の村松打席に立ち固唾をのんでの
場面でこの回から交代して、守備に入っていた奈良原のところにゴロ、4−6−3の併殺に
仕留め事なきを得た。この巧プレーが無ければ展開は変わっていたかも…

 金村のピンチだったのは3回と、この7回だけで打者33人5安打、奪三振3、四球4、
失点1の好投。完投の12勝目を挙げ、対Bs11連勝の偉業を成し遂げた。

 攻撃陣は3回セギノール、新庄と続く打席で 両者打ち合わせたかのような初球を叩き
これまた、レフト観覧席の同じ場所に突き刺さるアーチを放った。

  
お立ち台 金村 
----------------------------------------------------------------------------------
9/7 対西武18回戦10勝8敗0分(インボイスドーム18:00)  【通算成績】122試合54勝66敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 0 0 0 0 0 1 0 =
西 0 0 0 4 3 3 0 0 x = 10 15 0
先発 打点
坪井
森本 -
小笠原 - -
DH セギノール - -
稲葉 -
木元 -
小谷野 - -
金子 - -
中嶋 - -
投手/日:鎌倉-横山-橋本-岩本             
       
/日:鎌倉6勝5敗0S    
   
/西:松坂-小野寺             
       
/西:松坂12勝12敗          
本塁打/:坪井2号ソロ(8回小野寺)-
/西中島11号3ラン(4回鎌倉)
               -フェルナンデス23号ソロ(5回鎌倉)
-
石井義6号ソロ(5回鎌倉)
9/7   3位とのゲーム差4.5 残り試合14
パ・リーグ 試合 勝数 敗数 引分 勝率 勝差
1ソフトバンク 121 79 40 ,664 -
2ロッテ 121 75 44 ,630 4.0
3オリックス 123 58 61 ,487 17.0
4西武 124 60 64 ,484 0.5
5日本ハム 122 54 66 ,450 4.0
6楽天 125 37 87 ,298 19.0.
6日7日オリ、西は連勝して日ハムとのゲーム差4.5となった。
10日からのオリックス戦に連勝無ければ
ほぼPO戦進出成らず。  
PO戦進出目指して
いるチームには
到底思えぬ昨日、
今日の気力のない
エラーの数々。


好投、健ちゃんの
足を引っ張リ見殺し


監督も、最後まで
全力プレーの采配を
期待したいところ
----------------------------------------------------------------------------------
9/6 対西武17回戦10勝7敗0分(インボイスドーム18:00)  【通算成績】121試合54勝65敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 2 2 0 0 0 0 0 0 = 4 6 1
西 0 0 0 1 0 2 2 0 x = 5 6 0
先発 打点
坪井 -
木元
小笠原 - -
DH セギノール -
稲葉
小田 - -
森本 - -
金子
中嶋 -
投手/日:入来-武田             
       
/日:入来6勝5敗    
   
/西:涌井-宮越-三井-豊田             
       
/西:三井1勝2敗   S/西:豊田3勝1敗17S         
本塁打/西フェルナンデス22号ソロ(4回入来)-栗山8号2ラン(6回入来)

寸評
 入来、今日も8Kなど凡打の山を築き、1ホーマーは喰っていたが好投。
6回に入り、やや制球が甘くなり一番バッターに3球目をライトに2ラン、7回、一死1塁の
場面で8番バッターのバンドこれを入来、1塁悪送球…これが命取りとなって
逆転を許し、負けられない試合を落としてしまった。

 打撃陣は、ルーキー涌井を2回、3回攻め4得点を挙げKOしたが、変わった宮越の
変化球について行けず、Gutsや小田も逆に三振と凡打の山を献上した。

 上位2チームは、今日勝ったのでゲーム差は開きPO戦が遠く成りつつある。

 帰りの電車がらがら、応援も人影まばらのすきま風  でも、最後の最後まで応援するぞ!!
 
----------------------------------------------------------------------------------
9/4 対千葉ロッテ18回戦7勝11敗0分(マリンスタジアム13:00)  【通算成績】120試合54勝64敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 0 4 1 0 1 0 0 = 6 11 0
1 0 0 0 0 0 0 0 1 = 2 13 0
先発 打点
坪井
木元 - -
小笠原 -
DH セギノール
稲葉
小田 - -
森本 -
金子
中嶋 - -
投手/日:立石-武田-トーマス-建山             
       
/日:立石4勝1敗    
   
/ロ:小林宏-加藤             
       
/ロ:小林宏12勝6敗          
本塁打/:セギノール27号ソロ(4回小林宏)-稲葉14号ソロ(5回小林宏)
                              -
/ロ:フランコ18号ソロ(9回建山)
                          
      
寸評
 立ち上がり、二者内ゴロで仕留め3番バッターに粘られ7球目をライト前、続く4番に
センターオーバーの2塁打で1失点。5回投げて6安打無四球の好投。
 リリーフ陣もベンチの期待に応えて、7安打1失点に抑えてこのカード五分とした。

 攻撃陣は、セギちゃんアーチの口火を切って、坪井、金子の二人は猛打賞。
計4安打4得点と、5、7回にも稲葉のソロや、Gutsとセギちゃんで加点し試合を決めた。

 4回の中嶋の打席で、森本2塁、金子1塁の場面で重盗、これが成功し中嶋は三振だったが
坪井がレフト前に運び2得点 これが本日のハイライト。相手投手の戦意を奪った。
 
お立ち台  セギノール
----------------------------------------------------------------------------------
9/3 対千葉ロッテ17回戦6勝11敗0分(マリンスタジアム13:00)  【通算成績】119試合53勝64敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 0 0 0 0 0 0 0 = 0 4 0
0 0 0 1 0 0 0 1 x = 2 11 0
先発 打点
坪井 -
石本 - -
小笠原 - -
DH セギノール - -
稲葉 -
木元 - -
小田 - -
金子 -
中嶋 - -
投手/日:YU-トーマス             
       
/日:YU3勝4敗    
   
/ロ:渡辺俊             
       
/ロ:渡辺俊14勝4敗          
本塁打/ロ:李26号ソロ(4回YU)
  
                          
      
寸評
 ダル3回を除いて降板するまで毎回ランナー背負って苦しいマウンド。
 4回に、李に対する6球目の高めの球を。ライトポール際に持って行かれ1失点。
攻撃陣は、坪井の長短打4打数2安打があったが後続を断たれ、2試合連続の完投負け。
今日はおまけに完封負けの不名誉も記録し、散発4安打でダルを見殺しにした。

 トーマスは、1塁ゴロのベースカバーを忘れて、やらなくて良い失点を重ねたお粗末…

 



 
----------------------------------------------------------------------------------
8/31 対東北楽天第18回戦12勝6敗0分(フルキャスト18:00)  【通算成績】118試合53勝63敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 0 0 0 0 0 0 1 = 1 7 1
0 2 0 0 1 3 0 0 x = 6 15 0
先発 打点
坪井 -
石本 - -
小笠原 -
DH セギノール -
稲葉 - -
木元 - -
小田 -
金子 - -
中嶋 -
投手/日:金村-横山-ナイト             
       
/日:金村11勝10敗    
   
/楽:朝井             
       
/楽:朝井2勝4敗           

                          
      
寸評
 飯山がプロ8年目で初めて放った適時打で一矢を報いた。
9回2死小田がライト前、続く打席のワンストライク、ワンボールから3球目の
朝井の外角高め145キロを叩き、左中間を深々と破ってチーム唯一の打点を挙げた。
 4月6日楽天戦(いわき)に犠飛で挙げた以来のプロ2打点目となった。

 と言うわけで辛うじて0封を防いだが、相手投手の朝井に11三振を喰らって
プロ入り初完投を許してしまった。



 
----------------------------------------------------------------------------------
8/30 対東北楽天第17回戦12勝5敗0分(フルキャスト18:00)  【通算成績】117試合53勝62敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 3 0 0 0 0 1 0 = 4 12 0
0 0 1 0 0 0 0 0 0 = 1 11 0
先発 打点
坪井 - -
石本 - -
小笠原
DH セギノール -
稲葉
木元 -
小田 -
金子
實松 -
投手/日:鎌倉-建山-トーマス              4連勝で3位とのゲーム差2.5   
       
/日:鎌倉6勝4敗0S    S/日:トーマス1勝5敗1S
   
/楽:岩隈-吉田渡辺                         
       
/楽:岩隈8勝13敗         
本塁打/
:小笠原33号ソロ(3回岩隈)-稲葉13号2ラン(3回岩隈)
                          
      
寸評
 健ちゃん、毎回のようにランナーを出したがバックの巧守や、肩の良い實松の
盗塁阻止などに助けられ、7回投げて8安打1失点の好投。

 攻撃陣は、3回クリーンアップトリオの、二死ながらGutsが4球目をソロ、続くセギちゃん
ライト2塁打で、稲葉が2球目をライトスタンドにたたき込みこの回一挙3点。

 勝ったから良いようなものだが、4回のチャンス金子の拙走で本塁憤死、6回の
金子、實松の連続Kでチャンスを潰したりして12安打も放ちながら拙攻が目立った。

 
幸雄は8回、小田の代打で5球目の低い球を巧く合わせセンター前に、1961本目の
ヒットを放ち記録に39本と近づいた。
又これで代走に出た奈良原が盗塁し、金子の
2塁強襲ゴロで1得点を挙げている。 
  お立ち台 鎌倉
----------------------------------------------------------------------------------
8/29 対東北楽天第16回戦11勝5敗0分(フルキャスト18:00)  【通算成績】116試合52勝62敗2分  7/26雨中止分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 1 0 0 1 0 0 0 0 = 2 10 0
0 0 0 0 0 0 1 0 0 = 1 9 0
先発 打点
森本 -
奈良原 - -
小笠原 -
DH セギノール
稲葉 - -
幸雄
木元 -
金子 -
中嶋 -
投手/日:リー-立石-武田-建山                       3連勝
       
/日:リー3勝3敗0S    S/:建山4勝5敗2S
   
/楽:ラス-戸叶-吉田-福盛                
       
/楽:ラス3勝9敗          
本塁打/:セギノール26号ソロ(2回ラス)
-幸雄5号ソロ(5回ラス)
                          
      3位オリックスとのゲーム差
寸評
 先発、リーは1回は三者凡退に討ち取ったが、その後毎回ランナーを塁上にぎわし、
4回は二死満塁のピンチだったが、ショートゴロに仕留め事なきを得た。

 後を継いだ立石は暴投を2回も繰り返し、ランナーを進塁させ1失点を喰っている
武田も1安打喰っているが、中嶋の好送球の盗塁阻止で三者凡退。最後に建山が
二死後、四球と不運な足に当たる内ゴロの2塁1塁のピンチで、代打大島を3球目の
レフトフライに打ち取ってゲームセット。

 攻撃陣はセギちゃん2回にトップバッターで登場、フルカウントのツースリーからの球を
強振で左中間観覧席に飛び込む大ホーマー。
 5回にはトップバッターのおゆきさんが同じく左中間前段に入る5号のアーチ、これが
決勝点になり、チームも3連勝。
おゆきは2000本に後40となった。 お立ち台 リー 
----------------------------------------------------------------------------------
8/28 対ソフトバンク第18回戦5勝13敗0分(札幌ドーム13:00)  【通算成績】115試合51勝62敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 1 0 0 0 4 1 0 0 = 0 0
2 1 3 0 4 0 0 0 x = 10 0 0
先発 打点
坪井
森本 -
小笠原
DH セギノール -
稲葉
木元
小田 - -
金子
中嶋 - -
投手/日:入来-橋本-横山-武田-建山             
       
/日:入来6勝4敗0S    
   
/ソ:新垣-フェリシアーノ-神内-松本             
       
/ソ:新垣6勝6敗          
本塁打/:坪井1号ソロ(2回新垣)-木元16号3ラン(3回新垣)
         -
金子3号満塁(5回フェリシアーノ)-
/ソ:バデイスタ25
号3ラン(6回橋本)
                          
      
寸評
 入来、制球定まらず6回途中降板するまで、毎回ランナー背負っての苦しいマウンド。
打者27人に対し、112球、7安打、奪三振は2あったが四球3、死球2で1失点
ランナー3塁2塁の場面で降板、後を継いだ橋本が誤算で抑えるどころかライト前で1点
次打者に3ランを喰い降板。変わった横山は松中に対しファール等粘られ8球目を内安で
出塁され次打者はレフトフライで事なきを得たが、7回一死後四球連発で武田にスイッチ
一人は内ゴロで討ち取ったが次打者にレフト前に運ばれ1失点、そして1塁ランナーも
本塁を突いたがレフトからの中継好返球で中嶋が好ブロック・クロスプレータッチアウトにした。

 攻撃陣は、坪井の1号、木元の3ラン、金子のプロ初になる満塁打などホームラン攻勢で
首位の鷹投手を攻略し今季初のH戦2連勝を飾った。    
お立ち台は、今季初の金子 
8/28   3位とのゲーム差3.5 残り試合21
パ・リーグ 試合 勝数 敗数 引分 勝率 勝差
1ソフトバンク 115 76 37 ,673 -
2ロッテ 115 73 40 ,646 3.0
3オリックス 116 54 58 ,482 18.5
4西武 118 56 62 ,475 1.0
5日本ハム 115 51 62 ,451 2.5
6楽天 117 83 ,284 19.5.
 3位オリックスが敗れ、21日に6あった
ゲーム差は3・5に縮まった。
 4位に西武がいるが、大逆転でのプレーオフ
進出に希望が持てる数字となってきた。

 全勝の気持ちで行かないと…

 8月28日の試合で
 ソフトバンク、ロッテがプレーオフ進出を決定した。
----------------------------------------------------------------------------------
8/27 対ソフトバンク第17回戦4勝13敗0分(札幌ドーム13:00)  【通算成績】114試合50勝62敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 - R H E
1 0 0 0 0 3 0 0 0 0 = 4 10 0
1 0 0 0 0 0 0 3 0 1x = 5 13 0
先発 打点
森本 - -
奈良原 -
小笠原
DH セギノール -
稲葉 -
幸雄
小谷野 -
金子 - -
中嶋 - -
投手/日:YU-武田-横山-トーマス             
       
/日:トーマス1勝5敗0S 
  
   
/ソ:杉内-三瀬-吉武-佐藤-馬原             
       
/ソ:馬原6勝6敗16S          
本塁打/日:小笠原31号ソロ(1回杉内)
-
小笠原32号3ラン(8回吉武)
                          
      
寸評
 YUの立ち上がり、いきなり死球を与え、松中にレフトに2塁打で1失点
毎回ランナー背負っての苦しいマウンド。6回に掴まり打者6人に対し29球で
長短安打3の
3失点でKO

 Gutsは初回二死後打席に立ち、5球目をセンター越えのソロ、続く8回一死2塁1塁の
場面でワン・スリーの5球目を今度はライト中段、本日2本目のアーチで同点とした。

 そして、延長10回實松、Gutsが連続ヒット、セギちゃん敬遠で満塁。
おゆき
ドーム内、地鳴りのような声援を受け馬原の3球目を叩きセンター大村の頭上を超えた
大飛球のヒットとなりサヨナラ勝ちを収めた。

 
このヒットにより實松が本塁を踏み通算打点1000を記録した。又、2000本安打にも
後41本と迫った。
  お立ち台 おゆき
----------------------------------------------------------------------------------
8/24 対西武16回戦10勝6敗0分(インボイスドーム18:00)  【通算成績】113試合49勝62敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 0 0 0 0 0 1 0 = 1 7 0
西 2 1 1 1 1 0 1 1 x = 8 14 0
先発 打点
坪井 - -
石本 -
小笠原
DH セギノール - -
稲葉 - -
木元 - -
小田 -
金子 -
中嶋 -
投手/日:金村-武田-トーマス-ナイト             
       
/日:金村11勝9敗0S    
   
/西:松坂-星野             
       
/西:松坂10勝12敗          
本塁打/:小笠原30号ソロ(8回松坂)-
/西:フェルナンデス19号2ラン(1回金村)
-カブレラ32号ソロ(4回金村)
-細川7号ソロ(5回金村) -中村18号ソロ(7回トー
マス)
                          
      
寸評
 エース金村絶不調1回から5回まで登板している間毎回失点、それもホームラン3本も
打たれている。失点の無い回は6回の武田が三者凡退に討ち取った時だけで
後続のトーマスもナイトも失点を許し、敗戦処理係にしてはお粗末な結果となった。

 5回無死満塁のチャンスも、無為拙攻で無得点。観ている方もイライラ募るばかり

 レオエースの松坂に押さえ込まれ、あわや完封負けの予感が漂い始めた8回、二死で
Gutsが打席に立ち松坂の投げた初球を振り抜き、打った瞬間それと解るライト観覧席に
突き刺さる、
「プロ入り通算200号ホームラン」を放ち、2年ぶりになる5度目の30号。
 又、この日Gutsは合わせて
1000試合出場の名誉にも輝いた。
----------------------------------------------------------------------------------
8/23 対西武15回戦10勝5敗0分(インボイスドーム18:00)  【通算成績】112試合49勝61敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
3 4 4 0 0 0 5 2 1 = 19 17 0
西 1 0 0 0 1 0 1 0 0 = 3 12 3
先発 打点
森本 -
木元
小笠原
DH セギノール
新庄 -
稲葉
小谷野 - -
金子
中嶋 -
投手/日:鎌倉-立石-ナイト-橋本-横山             
       
/日:鎌倉5勝4敗0S    
   
/西:三井-山岸-小野寺-大沼-             
       
/西:三井0勝2敗          
本塁打/:セギノール25号3ラン(1回三井)-小笠原29号3ラン(2回三井)
                       -金子2号ソロ(8回大沼)-稲葉12号ソロ(9回森)
    -/西:栗山7号ソロ(1回鎌倉)-フェルナンデス18号ソロ(7回ナイト)
                          
      
寸評
 1回セギちゃん3ラン、2回Guts3ランや昨季の覇者とは到底思えぬエラーの数々で
3回終わって早11得点の猛攻。

 終盤も勢いは衰えず四球の押し出し、代打石本走者一掃三塁打や
7回金子通算安打1000本目をセンター前に放ち、8回に再び巡ってきた打席でレフト中段に
祝弾を自らたたき込んだ。

 今日の猛打賞5打数4安打5打点の木元と、稲葉6打数3安打1打点、森本四球など
選び5打数1安打だったが本塁を4回踏んで貢献した。

 
これで今季最多得点19を挙げ西武に1ゲーム差と迫った。 
----------------------------------------------------------------------------------
8/21   3位とのゲーム差6 残り試合25
パ・リーグ 試合 勝数 敗数 引分 勝率 勝差
1ソフトバンク 112 75 35 ,682 -
2ロッテ 111 70 39 ,642 4.5
3オリックス 111 53 54 ,495 16.0
4西武 113 52 61 ,460 4.0
5日本ハム 111 48 61 ,440 2.0
6楽天 112 32 79 ,288 17.
8/16   3位とのゲーム差7 残り試合29
パ・リーグ 試合 勝数 敗数 引分 勝率 勝差
1ソフトバンク 108 73 34 ,682 -
2ロッテ 107 67 38 ,638
3オリックス 106 51 52 ,495 15.0
4西武 109 51 58 ,468 3.0
5日本ハム 107 45 60 ,429 4.0
6楽天 109 32 76 ,296 14.5
----------------------------------------------------------------------------------
8/21 対オリックス14回戦8勝6敗0分(大阪ドーム18:15)  【通算成績】111試合48勝61敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 2 3 0 0 0 5 0 0 = 10 14 0
0 0 3 0 0 0 0 0 0 = 3 7 1
先発 打点
坪井
木元 -
小笠原 - -
DH セギノール
稲葉 -
新庄
小田
信二
金子
投手/日:リー-トーマス             
       
/日:リー2勝3敗0S    
   
/オ:ケビン-歌藤-加藤-菊地原-香月-本柳             
       
/オ:ケビン4勝11敗          
本塁打/:セギノール24号ソロ(3回ケビン)-/オ:ガルシア20号3ラン(3回リー)
                          
      
寸評
 打線爆発、2回稲葉が2球目をライト二塁打から始まり信二の適時打、相手エラーに
乗じ2得点。3回セギちゃんソロ、新庄フェンス直撃2塁打でこの回2得点でケビンをKO
 投手の代わり鼻を金子ライト犠打で追加点。

 7回Gutsはセンターフライに倒れたが、またもやセギ様から始まり打者一巡の猛攻で
5得点を挙げた。

 リーは3回掴まり3番に3ランを浴び、なおも連打を喰ったがレフト前ヒットの球を坪井が
バックホームのクロスプレーで信二文字通りの本塁死守で追加点を許さなかった。
 序盤は制球に苦しんだが味方打線の援護で尻上がりの好投。9回はトーマスに繋いで
三者凡退に討ち取りゲームセット。   
お立ち台はリーが初めて上がった。
 
----------------------------------------------------------------------------------
8/20 対オリックス13回戦7勝6敗0分(大阪ドーム18:15)  【通算成績】110試合47勝61敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
1 0 0 0 0 0 0 0 0 = 1 7 1
0 0 0 0 0 1 0 0 1x = 2 7 0
先発 打点
森本 -
奈良原 - -
小笠原
DH セギノール -
新庄 - -
稲葉 -
幸雄 - -
金子 -
中嶋 -
投手/日:入来-建山             
       
/日:建山4勝5敗1S    
   
/オ:高木-萩原             
       
/オ:萩原2勝2敗1S

                          
      
寸評
 入来8回投げて、被安打5、奪三振6,1失点の好投。

 9回後を継いだ建山、トップバッターにレフト前に運ばれ、次打者投手前バンドを
2塁悪送球で今日の運命が決まり、今季7度目のサヨナラ…

 これで、悲願のプレーオフ進出は自力では叶わなくなった。






 
----------------------------------------------------------------------------------
8/19 対オリックス12回戦7勝5敗0分(スカイマーク18:00)  【通算成績】109試合47勝60敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 0 0 1 2 0 2 0 = 5 11 0
0 0 1 0 1 0 0 1 0 = 3 9 1
先発 打点
坪井 -
石本 -
小笠原
稲葉
木元
小田 - -
信二 -
DH 上田 - -
金子 - -
投手/日:YU-トーマス-武田-建山             3連勝
       /日:YU3勝3敗    
S/:建山4勝4敗1S
   
/オ:吉井-菊地原-本柳-歌藤-香月            
       
/オ:吉井6勝2敗          
本塁打/:稲葉10号ソロ(5回吉井)-小笠原28号ソロ(8回歌藤)
-稲葉11号ソロ(8回歌藤)
                          
      
寸評
 どちらかと言うとランナー毎回背負い苦しいマウンドのYU。6回投げて被安打5
自責点2で味方の援護を待つ…

 5回稲葉のソロが反撃の始まり、6回は坪井、石本、Gutsと連打し1得点、木元も
負けじと1打点。8回にはGutsが粘った7球目をフルスイングでライト後方の特大アーチ
次打者の稲葉も5球目を軽く合わせたボールは何と本日2本目のソロアーチ
この2本が今日の試合を決めてダルに勝ちをプレゼントした。

 武田もトーマスが作った満塁のピンチを併殺打に打ち取り、最後は建山が9回
三者凡退に抑え3連勝を飾った。
 お立ち台 YU
----------------------------------------------------------------------------------
8/17 対東北楽天15回戦10勝5敗0分(東京ドーム18:00)  【通算成績】108試合46勝60敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 0 0 0 0 0 0 1 = 1 4 0
0 2 0 0 0 0 1 1 x = 4 6 0
先発 打点
坪井 -
木元 - -
小笠原
DH セギノール
稲葉 - -
新庄 - -
小田 - -
信二
金子 - -
投手/日:金村-トーマス-建山             
       
/日:金村11勝8敗    
   
/楽:岩隈             
       
/楽:岩隈7勝12敗          
本塁打/:セギノール23号ソロ(7回岩隈)/楽:吉岡9号ソロ(9回建山)
                          
      
寸評
 金村、1回は三者凡退に討ち取ったが2回、球数多くストライク取りに行くとき
打たれたりして満塁のピンチもバックの巧守にも助けられ無失点に抑えた。

 いつもの事ながら尻上がりに好調さを見せつけ8回トーマスにマウンド譲るまで
88球3安打、奪三振4、四球2で無失点の好投

 一方、天敵エースの岩隈に1回三者凡退に討ち取られ、このまま推移かと思わせた
矢先2回トップのセギちゃんいきなり2塁打、次打者の稲葉死球、新庄バンドで3塁2塁
小田は三飛に倒れ次打者の信二が左中間深々破る2塁打で2得点を挙げた。

 7回にはセギチャン連夜のアーチ、8回には二死ながら2打者四球を選びGutsが
右中間にヒットで1得点バックホームの間に2塁へ

 
お立ち台は金村と信二が上がり東京ドーム最終戦とファイティー最後の祝福ヲ受けた。 
-----------------------------------------------------------------------------------
8/16 対東北楽天14回戦9勝5敗0分(東京ドーム18:00)  【通算成績】107試合45勝60敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
2 0 0 0 0 0 0 0 0 = 2 9 0
3 0 0 0 1 0 1 1 x = 6 10 0
先発 打点
森本 - -
木元 -
小笠原 -
DH セギノール
稲葉
新庄
幸雄 -
信二 -
金子 - -
投手/日:立石-武田-横山-建山-トーマス             
       
/日:武田1勝0敗0S    
   
/楽:朝井-ラス-戸叶-吉田-谷中-福盛             
       
/楽:朝井1勝3敗          
本塁打/:セギノール22号3ラン(1回朝井
)-
/楽:山崎19号2ラン(1回立石)
                          
      
寸評
 立石、一死後センター前に持って行かれ次打者は三振に打ち取ったが4番打者に
センター越えの2ランを喫し なおもレフト線破る2塁打でヒヤリとしたが6番打者は
三振に切り捨て2失点のみで後続を断った。

 その裏、坪井は三振、木元、Gutsが四球を選びセギノールが打った瞬間、それと解る
特大アーチの3ラン。その後、ここのところ当たりの出てきた稲葉4打数1安打1打点
新庄、小田の犠牲フライで3得点を挙げた。

 投手陣は、立石の1回2失点のみで、5回から武田など4投手がリレー5安打無失点に
抑え楽勝した。           
お立ち台には2年ぶりの勝ち投手武田

 
おゆきは、2回二游間破るセンター前ヒットを放ったが4回、5回、7回の打点挙げる
絶好のチャンスを逸してしまった。2000本安打には後42本と迫ったが…
 
----------------------------------------------------------------------------------
8/14 対ソフトバンク16回戦3勝13敗0分(札幌ドーム13:00)  【通算成績】106試合44勝60敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
1 0 0 2 0 0 0 0 2 = 5 7 0
0 0 0 0 0 0 1 0 0 = 1 7 0
先発 打点
坪井 - -
木元 -
小笠原 -
DH セギノール -
稲葉 -
新庄
小田 - -
信二 - -
金子 - -
手/日:リー-建山             
       
/日:りー1勝3敗    
   
/ソ:新垣-吉武-馬原             
       
/ソ:新垣5勝5敗          
本塁打/日:ズレータ34号2ラン(4回リー)-ズレータ35号2ラン(9回建山)
        
3位とのゲーム差 残り試合30
パ・リーグ 試合 勝数 敗数 引分 勝率 勝差
1ソフトバンク 107 72 34 ,779 -
2ロッテ 106 66 38 ,635
3オリックス 105 51 51 ,500 14.0
4西武 108 57 ,472 3.0
5日本ハム 106 44 60 ,423 5.0
6楽天 108 32 75 ,299 13.5
先発リー、球数多く
不安定な立ち上がり1回
満塁のピンチは1失点。

5番打者に4回2ランを
浴び、継投の建山も同じ
5番打者に9回2ランを
代わり鼻喰って万事休す

反撃のチャンスの芽も
三振や凡打で潰している。
力の差を見せつけられた試合
----------------------------------------------------------------------------------
8/13 対ソフトバンク15回戦3勝12敗0分(札幌ドーム13:00)  【通算成績】105試合44勝59敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 0 0 0 0 0 0 0 = 0 4 0
0 0 0 1 0 0 0 1 0 = 2 4 1
先発 打点
森本 -
奈良原 -
小笠原
DH セギノール - -
幸雄 - -
信二 - -
稲葉 - -
小谷野
金子 - -
投手/日入来           
       
/日:入来5勝4敗      入来完封完投
   
/ソ:杉内             
       
/ソ:杉内15勝3敗
         
本塁打/日:小谷野3号ソロ(8回杉内)
                          
      
寸評
 入来力投で鷹強力打線を抑え完封完投を飾った。
4回はツーアウトながら松中四球、次打者にレフト前持って行かれ2塁1塁のピンチ
だったが6番打者に対する7球目をキャッチャーフライに打ち取り事なきを得た。

 7回の一死ランナー1塁で打ったボールはセンター前に揚がり、抜けたかに見えた
フライを森本スラィングキャッチで好捕し飛び出していたランナーを併殺に仕留めた。
このプレーがなければ展開が…

 打撃陣は、4回ならさんセンター越え2塁打。続くGutsもセンターオーバーの2塁打で
杉内から貴重な1得点。直も8回小谷野は初球をフルスイングで、ボールはファン待ち受ける
左翼席のど真ん中に祐作誕生日の祝弾をたたき込んだ
 
                    お立ち台 祐作
----------------------------------------------------------------------------------
8/12 対ソフトバンク14回戦2勝12敗0分(札幌ドーム18:00)  【通算成績】104試合43勝59敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 1 3 0 1 0 0 0 0 = 5 6 1
0 1 0 0 1 0 0 0 0 = 2 9 0
先発 打点
坪井 -
森本 -
小笠原 - -
DH セギノール
木元 - -
稲葉 -
信二 -
小田
金子 -
投手/日:YU-ナイト-橋本-横山             
       
/日:YU2勝3敗    
   
/ソ:田之上-神内-佐藤-三瀬-吉武-馬原             
       
/ソ:佐藤2勝0敗1S      S/ソ:馬原6勝5敗15S           
本塁打/日:セギノール21号ソロ(5回神内)-/ソ:ズレータ33号3ラン(3回YU)
                          
      
寸評
 ダル、球数多く不安定な立ち上がり。1回は打者4人を3三振1四球だったが17球も
投げている。2回は四球連発で押しだし、3回もライト線安打、四球で次打者に3ラン
を浴び3回終わって早100球の有様。

 打撃陣もセギちゃん5回にセンター後方特大アーチ。
信二も3安打猛打賞も繋がり悪くGutsは5タコ、おゆきも良いところで打順が回ってきたが
センターフライとショートフライで討ち取られ惜しくも打点が付かなかった。




 
----------------------------------------------------------------------------------
8/10 対千葉ロッテ16回戦6勝10敗0分(マリンスタジァム18:15)  【通算成績】103試合43勝58敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 0 3 4 0 0 0 0 = 7 14 0
0 0 0 1 0 0 0 0 0 = 1 10 1
先発 打点
坪井 -
森本 -
小笠原 -
DH セギノール
木元 - -
稲葉
小田 - -
金子
中嶋 - -
投手/日:金村-トーマス-ナイト             
       
/日:金村10勝8敗    
   
/ロ:久保-高木-小宮山-山崎             
       
/ロ:久保9勝2敗          
本塁打/:セギノール20号2ラン(4回久保)
                          
      
寸評
 まるで昨夜のVTRを観ているような4回の攻撃、5回も森本から始まり8番の金子まで
長短打など犠打モ含め4得点。
 これでマリン・ルーキー久保をKO。

 中盤以降、効率よく得点を重ね、1カ月半ぶりの2連勝。四回にセギの2ランなどで
3点を先取。五回には稲葉の適時打やおゆき、金子の連続犠飛で4点を追加した。
先発金村は4回まで毎回ランナー背負い6安打1失点。しかし7点のリードを貰うと
見違えるように好投した。7回を投げ4年連続2けた勝利となる10勝目を挙げた。
 8回、9回はトーマス、ナイトと繋いで3安打はあったが無失点に抑え金村を援護した。

 
おゆきは5回小田の代打でライトフライを揚げ1打点をマーク、通算999打点となった。
9回にも打順が回って来、4球目を叩きレフト前の1957本目となるヒットを放った

----------------------------------------------------------------------------------
8/9 対千葉ロッテ15回戦5勝10敗0分(マリンスタジァム18:15)  【通算成績】102試合42勝58敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 - R H E
0 0 0 0 0 0 2 0 2 0 0 2 = 6 11 2
0 0 0 1 0 3 0 0 0 0 0 0 = 4 15 1
先発 打点
森本 - -
坪井
小笠原 -
DH セギノール
木元 -
稲葉
信二 - -
小谷野 - -
奈良原 - -
投手/日:立石-橋本-武田-トーマス-建山-横山             
       
/日:建山4勝4敗0S     S/日:横山1勝4敗12S
   
/ロ:小林宏-藪田-小林雅-藤田-山崎-高木             
       
/ロ:山崎1勝2敗          
                         本塁打/日:セギノール19号ソロ(7回小林宏) 
      

寸評
 立石は、5回まで6安打あったが1失点に抑え好投。後を継いだ橋本、先頭打者
いきなり名手ならさんのエラーを皮切りに3失点。

 このまま、ずるずる行くかと思いきや7回セギちゃん、木元、稲葉の連打で
2得点。9回には、セギ今度はライト前に2塁打を放ち、稲葉、小田の執念
籠もった一打で同点にした。  われわれ喝入れの野次りどころか全員立ち上
がって拍手と歓声で戻ってきた選手を迎えたのだった。

 継投陣は7回、8回は三者凡退に討ち取ったが9回から12回まで毎回ランナー
背負っての薄氷踏む思いだったがなんとか6被安打無失点に抑えた。

 12回は、先頭打者の信二死球、小田バンド成功、金子レフト前、
坪井レフト
流し打ちで1得点
おゆき四球、Gutsが内野ゴロで貴重な追加点を挙げた。 
----------------------------------------------------------------------------------
8/8 対千葉ロッテ14回戦4勝10敗0分(マリンスタジァム18:15)  【通算成績】101試合41勝58敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 0 0 0 0 0 1 0 2 = 3 10 2
0 2 0 0 0 0 1 1 x = 4 5 0
先発 打点
森本 -
坪井 -
小笠原 -
DH セギノール -
木元 -
稲葉
信二 -
小田 - -
金子 -
投手/日:リー-横山          
       
/日:リー1勝2敗    
   
/ロ:渡辺俊-小林雅             
       
/ロ:渡辺俊12勝3敗      S/ロ:小林雅2勝1敗23S 
   

本塁打/:今江7号2ラン(2回リー)-里崎8号ソロ(7回リー)        
                          
      
寸評
 今日、痛かったのは
2回のエラーと 後を継いだ横山の先頭打者に対する
第1球 ど真ん中の絶好球を左中間に持って行かれ、レフト
坪井処理をもたつく間に
打者3塁に…   
これが本日の全て






 
----------------------------------------------------------------------------------
8/7 対西武14回戦9勝5敗0分(札幌ドーム13:00)  【通算成績】100試合41勝57敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
西 0 3 0 5 0 0 0 0 0 = 8 14 1
0 4 0 0 0 1 3 0 1x = 9 14 1
先発 打点
森本
奈良原 -
小笠原
DH セギノール
木元 - -
幸雄 -
信二
坪井 -
小谷野
投手/日:入来-井場-武田-橋本-建山             
       
/日:建山3勝4敗    
   
/西:帆足-宮越-三井-正津-星野-             
       
/西:3勝1敗16S          
本塁打/:信二5号ソロ(6回宮越)-セギノール18号2ラン(7回星野)
-稲葉9号ソロ(7回森)-小笠原27号ソロ(9回豊田)-
/西:石井義3号ソロ(4回入来)
                          
      
寸評
 Gutsのサヨナラ本塁打で、連敗を3で止めた。4点をリードされたが、六回に高橋信、
七回にセギノール、稲葉の本塁打で同点。それもレオ投手が交代すると、待っていたかの
ように一発攻勢で逆転勝ちした。


  9回トップバッターのGuts、3球目をフルスイング、バックスクーリン脇に飛び込む
サヨナラ弾となった。お立ち台コメントを聞いて、今までのもやもやがいっぺんに
吹き飛んだようなさわやかさ!!  
「今まで、チームやファンに心配や迷惑ばかり掛け
てきたが、プレーオフ目指して頑張る。明日からのロッテ戦もこの勢いで勝ちに行く」

              
 お立ち台 Guts
 、(心籠もった涙目のコメントは観ていた人々の感動を呼んだ)

----------------------------------------------------------------------------------
8/6 対西武13回戦8勝5敗0分(札幌ドーム13:00)  【通算成績】99試合40勝57敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
西 0 0 0 3 0 0 0 0 0 = 3 11 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 = 0 10 0
先発 打点
森本 -
坪井 -
小笠原 -
DH セギノール - -
木元 -
稲葉 - -
信二 -
小田 -
金子 - -
投手/日:ダルビッシュ             
        
/日:ダル2勝2敗0S    
   
/西:西口-星野--豊田             
       
/西:西口14勝3敗
     S/西:豊田3勝0敗16S
                          
      
寸評
 


 3失点はあったが尻上がりの好投ダルを見殺しの打撃陣
味方打線10安打ありながら繋がり悪く完封負け。

 もう、後がない崖っぷちのファイターズ。自力プレーオフ進出はもう負けたらアウトかもね。





 
----------------------------------------------------------------------------------
8/3 対ソフトバンク13回戦2勝11敗0分(ヤフードーム18:00)  【通算成績】98試合40勝56敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
0 1 0 0 0 0 0 0 0 = 1 4 1
2 0 2 0 0 0 1 0 x = 5 9 1
先発 打点
森本 -
奈良原 - -
小笠原 - -
DH セギノール
幸雄 - -
信二 -
坪井 - -
小谷野 - -
金子 -
投手/日:金村-橋本             
       
/日:金村9勝8敗    
   
/ソ:和田             
       
/ソ:和田10勝7敗           

本塁打/日:セギノール17号ソロ(2回和田)-/:大村7号8号ソロ(1回7回金村)
                               -
松中36号2ラン(3回金村)                                
寸評
 エース金村、トップバッターにボール先行。ストライク取りに行くとき甘い球をライト中段に
持って行かれ、すっかりリズムを崩し四球を挟み5連打を浴びたが1回は2失点に抑えた。
 3回には松中に2ランを浴び、7回には二死ながら再びトップに1回と同じような配球で
同じコースに飛ぶ一発を喰い自滅した。

 打撃陣もセギの一発と信二の2塁打以外、二塁塁上に立つ者がいないお粗末。
これでは試合に勝てるわけがありません。


 
----------------------------------------------------------------------------------
8/2 対ソフトバンク12回戦2勝10敗0分(ヤフードーム18:00)  【通算成績】97試合40勝55敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
2 0 0 0 0 1 0 0 0 = 3 6 0
0 0 0 0 0 4 0 0 0 = 4 7 0
先発 打点
森本 -
坪井 -
小笠原 - -
DH セギノール
木元 - -
稲葉 -
信二
小田 - -
金子 - -
投手/日:立石-井場-横山-トーマス             
       
/日:横山1勝4敗11S    
   
/ソ:斎藤-吉武-馬原             
       
/ソ:斎藤11勝0敗           

本塁打/ソ:ズレータ30号満塁(6回横山)
                          
      
寸評
 まさかの1球!悪夢の6回
 自力プレーオフ進出の危機を迎えた。6回表まで3―0とリードしていながら、6回2死満塁
から3番手・横山がズレータに一発を浴びてそのまま押し切られた。

 6回に2番手で登板した井場が2死後、二塁打と四球で一、二塁のピンチを残し降板
後を継いだ横山は四球を出し満塁、そして次打者を2-2に追い込みアウトを信じた。が、
次の球が真ん中に入った瞬間、この1球で今季の運命が決まるかも。
 5回を無失点に抑えた先発・立石の交代も、中継ぎ陣の不安定さを考えればもう少し
考えても良いのでは…。 首脳陣の責任は非常に重い。
 各カード勝ち越しパターンで行かなければプレーオフなんて夢の夢。 6月末より連勝がない
わざわざ勝ち試合を捨てるような采配は早急に改善して貰いたい。
----------------------------------------------------------------------------------
8/1 対ソフトバンク11回戦2勝9敗0分(ヤフードーム18:00)  【通算成績】96試合40勝54敗2分
1 2 3 4 5 6 7 8 9 - R H E
2 0 1 0 0 0 1 0 0 = 4 13 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 = 0 4 0
先発 打点
森本 -
坪井
小笠原
木元 - -
稲葉
DH セギノール
信二 - -
小田 -
金子 - -
投手/日:リー-建山-トーマス             
       
/日:リー1勝1敗 
  

   /ソ:田之上-神内-佐藤
-フエリシアーノ-松本
-三             
      
/ソ:田之上3勝2敗
                          
      
寸評
 リーが好投 8回途中まで4安打無四球無失点の内容でやっと勝ち星に恵まれた。


 打線は、初回に小笠原、稲葉のタイムリーで2点を先行。3回にも加点し、7回には
坪井のライト前適時打で突き放して勝利をもぎ取った。







 





 
----------------------------------------------------------------------------------