TOP 12年OB会 10年OB会 ページ案内

2011年11月26日東京ドームホテルに於いて開催された
ファイターズに在籍した選手、職員らでつくるOB会の総会と懇親会が
11月26日東京ドームホテル・オーロラの間でに開かれた。

OB会幹事 津村 潔氏の司会で18時より多数のOBや
抽選により選ばれた約130名のファンにより和やかに開会された。
冒頭挨拶で西崎会長は球団幹部や今季新入団の6選手を目の前にして、話題沸騰の斎藤佑樹選手に異例とも言える5ヶ条の注文をつけた。
1年のローテを守るために体力を付ける。2桁勝利を目指す。3試合闘ったら必ず勝ち越す。
1試合を3回に分けた場合失点は1/3で最小失点3に抑えれば完投できる。
チーム内にライバルを作り競い合う姿勢と、ユーモアを交え笑いを誘いながらも厳しい助言を行った。

OB会最高顧問・大社啓二氏のご挨拶

OB会幹事長 村上雅則氏 
オーナーの大社啓二氏が東北地方の災害にふれ、野球でみなさんに力を付けられればなど述べ
今季は惜しくも日本シリーズに進出できなかったが、来期こそはチームとファンが一丸となり日本一を目指そうと宣言した。
幹事長兼監査役の村上雅則氏も同趣旨の発言をして乾杯の音頭を取った。
今回初めて選手OBと職員OBを中原氏が一人一人名前を読んで壇上に上がるように
促したが遠慮して後方で笑顔を交え手を振って断るOBが大勢いた。

OB会事務局・首都圏本部ディレクター中原信広氏
前列左より夏目進副会長、山田正男GM、大社啓二オーナー、斎藤佑樹選手、西崎幸広会長、村上雅則幹事長
山田正男GMが壇上に上がり挨拶と、一年前に入団した選手の総括を行い、
選手一人一人の反省と抱負を語るよう促した。

左から齊藤勝・谷口雅也・榎下陽大・乾真大・西川遙輝・斎藤佑樹6選手

気さくなオーナー

初めての参加

おなじみの抽選会(佑樹ユニが当たるよ)
選手たちとのサイン&記念撮影は禁止されていたが遠巻きにカメラの放列が出来、
眩いフラッシュの嵐が最後まで続いた。

球団幹部やOB達は気軽に記念撮影にも応じ、抽選会では、ケッペル選手やダルビッシュ、中田、金子誠、稲葉選手等々ユニやグラブ、バットなどと宿泊券付き観戦券が当たる抽選会で盛り上がった。





山田GMと佑樹の携帯情報交換などが垣間見られ微笑ましい時間が過ぎていった。
21.2.12amendment