TOP 監督コーチ  
北海道日本ハムファイターズ
(2017年・チーム名鑑)


2017年ドラフト選択会議
プロ野球のドラフト会議が10月26日、東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールで
午後4時50分から行われ、以下の7名が指名された。
ドラフト指名順に並べました
-
-
-
-
清宮幸太郎(きよみや・こうたろう)選手 1位=早実高・内野手   1999年5月25日 18歳
東京都出身、          
1メートル84、102キロ 右投げ左打ち
10月27日、栗山監督らが東京都国分寺市の早実高を訪れ、清宮幸太郎内野手などにあいさつをした。
11月16日、契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円で仮契約
11月24日札幌市大倉山ジャンプ競技場で入団会見を行い背番号は
21に決定した。

高校通算111本塁打のスラッガー。東京北砂リトル時代に世界選手権に出場して世界一。高校では1年夏と3年春に甲子園に出場し、侍ジャパンU-18でも、チームの中心打者として活躍
西村 天裕(にしむら・たかひろ)選手 2位=NTT東日本・投手   1993年5月6日 24歳
和歌山県出身  和歌山商-帝京大-NTT東日本
1メートル77、87キロ 右投げ右打ち
10月30日指名挨拶を行った。
11月14日、契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約した
11月24日札幌市大倉山ジャンプ競技場で入団会見を行い背番号は35に決定した。

150キロ超の球威あるストレートと多彩な変化球が魅力の社会人右腕。即戦力投手として期待がかかる。
田中 瑛斗(たなか・えいと)選手 3位=柳ケ浦高・投手    1999年7月13日 18歳
大分県出身

1メートル84、70キロ 右投げ左打ち
11月2日指名挨拶     11月2日大分県内の柳ケ浦高を日本ハムスカウト2名が訪れ挨拶を行った。
11月10日、宇佐市の柳ケ浦高で仮契約を結んだ。契約金は4500万円、年俸は540万円。

11月24日札幌市大倉山ジャンプ競技場で入団会見を行い背番号は46に決定した。

最速149キロの直球と多彩な変化球を操る好素材の右腕。バランスの良い投球フォームとしなやかな腕の振りに将来性を感じる投手。
難波 侑平(なんば・ゆうへい)選手4位=創志学園・内野手    1999年5月6日 18歳
岡山県出身  創志学園             
1メートル78、76キロ 右投げ左打ち
11月1日指名挨拶     
岡山市内の創志学園に大渕隆スカウト部長と加藤竜人スカウトが訪れ挨拶をした。
11月13日契約金3500万円、年俸520万円で仮契約。
11月24日札幌市大倉山ジャンプ競技場で入団会見を行い背番号は55に決定した。

野球センスの高い巧打の内野手。積極的なプレースタイルが魅力で高い身体能力を誇り、伸びしろある選手。
北浦 竜次(きたうら・りゅうじ)選手5位=白鴎大足利高・投手   2000年1月12日 17歳
栃木県出身  白鴎大足利
1メートル84、85キロ 左投げ左打ち
11月1日指名挨拶     11月1日足利市伊勢南町の白鴎大足利高を
西俊児スカウトが訪問し挨拶を行った。
11月11日契約金2500万円、年俸520万円で仮契約した。
11月24日札幌市大倉山ジャンプ競技場で入団会見を行い背番号は63に決定した。

鋭い腕の振りから繰り出すキレのあるストレートに魅力ある大型左腕。バランスの良い体型に将来性を感じる投手。
鈴木遼太郎(すずき・りょうたろう)選手6位=東北学院大・投手   1996年2月18日 21歳
宮城県出身  石巻西ー東北学院大
1メートル83、83キロ 右投げ右打ち
10月31日指名挨拶→→同日、仙台市泉区の泉キャンパスを大渕スカウト部長と西スカウトが訪れ挨拶した。
10月9日、仙台市内の同大学のキャンパスで今成、西の両スカウトが訪れ仮契約交渉を行い、契約金2500万円、年俸750万円。
11月24日札幌市大倉山ジャンプ競技場で入団会見を行い背番号は50に決定した。

腕の使い方が柔らかく、140キロ台後半のキレのあるストレートを投げる大学右腕。ストレートとスライダーのコンビネーションでテンポ良く打者を打ち取る。
52宮台 康平(みやだい・こうへい)選手7位=ー東大・投手    1995年7月1日 22歳
神奈川県出身  湘南高ー東大
1メートル78、83キロ 左投げ左打ち
10月30日指名挨拶   
10月30日東京・文京区の東大で大渕スカウト部長らから指名のあいさつを受けた
11月15日本郷キャンパスで契約金2500万円、年俸750万円で仮契約した。
11月24日札幌市大倉山ジャンプ競技場で入団会見を行い背番号は52に決定した。

最速150キロを誇る左腕投手。大学時には、侍ジャパン大学代表に選出された。東京大学からは6人目のプロ入りとなる。東京六大学リーグ戦通算6勝13敗。