TOP 2015年ドラフト指名選手 2013年ドラフト指名選手 2015年度入団(14年10月〜) 頁案内

2014年ドラフト


2014年ドラフト選択会議
プロ野球のドラフト会議が10月23日、
東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われ、以下の9名が指名された。
ドラフト指名順に並べました
16 有原 航平(ありはら こうへい)選手 1巡目=早稲田大学・投手   1992年8月1日生まれ
広島県出身-広陵高等学校           2014.11.21札幌時計台で入団発表会が行われ背番号が16決まった。
身長189cm 体重96kg / 右投右打
挨拶→11月11日東京・新宿の早大を栗山監督らが訪れ挨拶を行った。
          11月17日東京・文京区のホテルに山田GMと大渕スカウトディレクターらが訪れ契約金1億円+(出来高5000万円)、年俸1500万円で仮契約をした。
最速156キロの大型本格派右腕。高校時代にプロを希望しても「1位候補」と評価されていた潜在能力が大学4年間で大きく花開いた。
威力ある直球が注目されるが、制球力も大きな魅力。東京六大学通算18勝。(六大学リーグ戦開始前に右肘痛で調整登板中)
10 清水 優心(しみず ゆうし)選手 2巡目=九州国際大学付属高等学校・捕手   1996年5月22日生まれ
山口県出身-                   2014.11.21札幌時計台で入団発表会が行われ背番号が10に決まった。
身長185cm 体重88kg / 右投右打

挨拶→10月29日北九州市の九州国際大学付属高校を大渕スカウトDrと原田スカウトが訪れ指名挨拶を行った。
      11月9日原口スカウトが実家のある山口県周南市を訪れ市内のホテルで両親と共に会見を行って、契約金6000万円、年俸600万円で仮契約を行った。

高校通算35本塁打を誇る大型捕手。肩の強さだけでなく、正確なスローイングが魅力。
今夏の甲子園1回戦で、南北海道代表の東海大四高校と対戦した姿は、北海道の野球ファンの記憶にも新しい。
26 淺間 大基(あさま だいき)選手 3巡目=横浜高等学校・外野手     1996年6月21日生まれ
東京都出身                   2014.11.21札幌時計台で入団発表会が行われ背番号が26に決まった。
身長183cm 体重75kg / 右投左打
挨拶→10月28日横浜市金沢区の横浜高校に大渕スカウトディレクターらが訪れ指名挨拶を行った。
       
11月8日大渕スカウトディレクターらが訪れ契約金4500万円、年俸540万円で仮契約を行った。


高いレベルで走攻守三拍子揃った高校生外野手。高校通算31本の長打力に加えて高いミート能力を備えた好打者。俊足、強肩も魅力。天性の野球センスと甘いマスクはスター性十分

51 石川 直也(いしかわ なおや)選手4巡目=山形中央高等学校・投手    1996年7月11日生まれ
山形県出身                   2014.11.21札幌時計台で入団発表会が行われ背番号が51決まった。
身長191cm 体重80kg / 右投右打
挨拶→10月31日山形市鉄砲町の山形中央高校を大淵スカウトDrと川名慎一スカウトらが訪れ指名挨拶を行った。
                             11月10日山形市内に原田スカウトらが訪れ契約金3000万円、年俸520万円で仮契約した。
真上から角度のある速球を投げ込む本格派。今夏の甲子園では最速148キロを計測した。コツコツと努力を惜しまない性格はプロ向きで、
今春から夏にかけて急成長。まだ荒削りだが、将来性豊かな好素材。
46 瀬川 隼郎(せがわ はやお)選手5巡目=室蘭シャークス・投手   1986年10月21日生まれ
北海道出身、北海高等学校                   2014.11.21札幌時計台で入団発表会が行われ背番号が46決まった。
身長177cm 体重84kg / 左投左打
挨拶予定→10月30日室蘭市内にある新日鐵住金室蘭製鉄所内で大渕スカウトDrと白井スカウトが訪れ指名挨拶を行った。
                             11月11日室蘭市内の新日鉄住金室蘭製鉄所を白井スカウトらが訪れ契約金3500万円、年俸840万円で仮契約した。
横手から最速148キロの威力ある球を投げ込む道産子左腕。社会人10年目の今年、急成長を遂げてドラフト候補に躍り出た。
昨年12月には長男が誕生し、一家の大黒柱として家庭を支える。
53 立田 将太(たつた しょうた)選手6巡目=大和広陵高等学校・内野手   1996年6月4日生まれ
奈良県出身、                   2014.11.21札幌時計台で入団発表会が行われ背番号が53決まった。
身長180cm 87kg / 右投右打
挨拶→10月28日奈良県北葛城郡の大和広陵高校に  スカウトらが訪れ指名挨拶を行った。
           11月14日大阪市内の三井ガーデンホテル大阪淀屋橋で契約金2000万円、年俸480万円で仮契約を結んだ。

バランスの取れた投球フォームからスピンの効いた速球を投げ込む。2年春には、エースとしてチームをセンバツ甲子園出場に導いた。
プロで活躍することを目標に高校3年間取り組んできた、高い志の持ち主。
62 高濱 祐仁(たかはま ゆうと)選手7巡目=横浜高等学校・投手    1996年8月8日生まれ
佐賀県出身、                   2014.11.21札幌時計台で入団発表会が行われ背番号が62決まった。
身長183cm 体重94kg / 右投右打
挨拶→10月28日横浜市金沢区の横浜高校に大渕スカウトディレクターらが訪れ指名挨拶を行った。
                            11月9日契約金2000万円、年俸480万円で仮契約を行った。
高校通算32本塁打の長打力が魅力の大型内野手。大舞台に強く、高校2年夏の神奈川県予選で桐光学園の松井裕投手から特大弾を放った。
兄は千葉ロッテの高濱卓也選手。
65 太田 賢吾(おおた けんご)選手巡目=川越工業高等学校・内野手  1997年1月19日生まれ
埼玉県出身、                   2014.11.21札幌時計台で入団発表会が行われ背番号が65決まった。
身長186cm 72kg / 右投左打
挨拶予定→10月30日学校挨拶
            11月8日スカウトディレクターらが訪れ契約金1500万円、年俸470万円で仮契約を行った
走攻守バランスのとれた大型遊撃手。ミートの上手い打撃と柔軟なグラブさばき、安定した送球は高いレベルにある。
身体能力が高く、将来は三拍子揃った遊撃手になれる逸材、と担当スカウト評
69 佐藤 正尭(さとう まさたか)選手巡目=愛知啓成高等学校・捕手    1996年4月16日生まれ
愛知県出身                   2014.11.21札幌時計台で入団発表会が行われ背番号が69に決まった。
身長168cm 78kg / 右投右打ち
挨拶→10月28日愛知県稲沢市の愛知啓成高校に   スカウトらが訪れ指名挨拶を行った。
                              11月13日契約金1000万円、年俸470万円で仮契約した。
小柄ながらパンチ力のある打撃と投げては最速145キロの強肩が持ち味。気持ちの強さ、野球に対する愚直な取り組みを高く評価。
高校では遊撃手も、強靭な身体と肩の強さは捕手として適正あり。